転職サイトを利用して社内政治から脱出

話題の転職サイトをご紹介

話題の転職サイトをご紹介

インターネットで転職活動

今まで働いていた会社の退職を決意したなら、次は転職活動です。最近は様々な求人もインターネットで探すことが出来ます。もし自分が資格の必要な専門職で働いていた場合には、その専門の求人をインターネットで探すことが出来るのを知っていましたか?ここでは専門職で働いている方に今話題の転職サイトをご紹介したいと思います。

監督.com

「監督.com」は好条件で転職することのできる現場監督や施工管理の求人サイトです。業界でもトップクラスの求人サイトで、常時2,000件以上の求人が掲載されています。

新着情報を隔週1回ご紹介。
また会員登録して頂いた方のみ非公開求人を隔週1回ご紹介です!

監督.comから引用

監督.com画像

登録した会員さんに紹介される非公開求人の数は23,000件以上あり、求人数が多いため、求職者の希望に合った仕事が見つかります。自分一人ではなかなか転職活動がうまくいかないと思っている方も、キャリアアドバイザーがサポートをしてくれます。初めて転職する方やベテランの現場監督も応募から勤務開始まできめ細かいアドバイスをしてもらう事が出来ます。また、紹介予定派遣の分野にも力を入れています。

ジョブタイムス

「ジョブタイムス」は全国にある歯科衛生士や歯科助手、歯科医師に特化した転職サイトです。

歯科専門のキャリアコンサルタントが、あなたの就職・転職活動をサポートするサービスです。

ジョブタイムスから引用

ジョブタイムス画像

歯科業界のみの求人サイトなので、他では公開していない求人も含め1,500件以上の歯科医院の求人があります。サービスを利用するには登録が必要ですが、無料で登録することが出来ます。オープニングスタッフや大規模医療機関、専門クリニックの求人情報が豊富です。歯科業界の転職を考えている方は、登録をしてみてはいかがでしょうか。

看護のお仕事

北は北海道から南は沖縄まで日本全国の転職情報がある「看護のお仕事」は業界でもトップクラスの情報量をもっています。看護師や準看護師、保健師や助産師などの資格を持っているのなら「看護のお仕事」で求人を探してみてはいかがでしょう。サイト利用で転職に成功すると転職支援金をお祝いとしてもらう事も出来ます。

最大12万円の転職支援金をプレゼントさせていただいています。

看護のお仕事から引用

看護のお仕事画像

このサービスを利用する時に費用がかかる心配はありません。転職について迷っているのなら、まず適正年収診断というコンテンツを使って、勤務地や勤務形態などの項目に答えていきましょう。豊富なデータをもとにした適正年収を見ることが出来ますので、転職判断の参考になりますよ。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.