社内政治の現場からきれいに退職するには

美しく退職するには

美しく退職するには

戦略的に会社を辞める

社内政治に耐え切れず会社を辞め、転職することを決めたら、今現在の職場との関係を良好に保ちながら「戦略的」に会社を辞めるようにしましょう。もし同じ業種に転職する場合には、前の会社をどのように辞めたか、新しい職場でも知られてしまうかもしれません。現在の会社を美しく辞めることによって次に働く会社での印象が決まると言ってもいいのではないでしょうか。
まずは限界が来る前に転職について考えてみましょう。不満を持ち続けている状態で働いているとそのうち爆発してしまい、仕事をする気が無くなり、いい加減な仕事しか出来なくなってしまいます。また、上司に対して反抗的な態度をとってしまったり、とそれまで築いてきた関係が台無しになってしまう恐れがあります。周囲の人達に早く辞めないかなと思われる前に自分から退職しましょう。

退職の報告

退職することを決めたなら会社に早めに報告をしましょう。誰かが退職するということは多かれ少なかれ必ずその仕事の穴埋めをしなければならなくなります。また、仕事の引き継ぎに時間がかかってしまったり、新しい従業員を雇わなくてはならないこともあるのです。自分以外の人達も自分の仕事を持っていますし、もしかしたら同じくらいのストレスを抱えながら仕事をしている場合があります。自分さえよければいいという考え方は捨てて、遅くても1ヶ月前には伝えるようにしましょう。就業規則で退社の意思は何日前までに連絡が必要か書いてあるケースがほとんどですので、事前に確認して、それに従うほうがいいでしょう。

退職理由は?

退職理由は明確にかつ正直に伝えなければいけません。退職理由は人それぞれです。中には人間関係が嫌になり退職を決意することもあるでしょう。だからと言って「○○さんが嫌いだからです」と正直に言う必要はありません。しかし、会社としても退職理由を聞きたいと思っているはずです。そんな時には「別の会社でやりたい仕事がある」「家族ともう少し一緒にいたい」などと答えるといいのではないでしょうか。
また、退職する事を周りの人に言い触らさないようにしましょう。会社の人事部などに退職の意向を伝えたあとも、正式決定するまでは退職する事は周囲に知らせないようにしましょう。転職先についても、同僚に聞かれた場合には答えてもいいかと思います。しかし、会社の愚痴を話すような事はしないように心がけましょう。同じ業種に転職する場合には、今まで御世話になった会社の人と今後もつきあっていかなければいけない場合があります。美しく退社をすることで、今後の自分の仕事に生かしていきましょう。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.