社内政治からの究極の脱出方法

組織を出るのも良い

組織を出るのも良い

社内政治が苦痛という悩み

希望を胸に社会に出て仕事をしていても人間関係の悩みを抱えてしまう人が多くなっています。個人対個人の悩みであれば何とか解決することも可能かもしれません。しかし、人間関係の悩みが社内政治によるものだとしたらどうすればいいのでしょうか。
今は就職するのが難しい時代と言われていますが、やっと入った会社だからといって、社内政治のために辞めることが出来ないと悩む人も多いのではないでしょうか。しかし、どんなに大きな優良企業に入社できたとしても、自分に合わないのであれば、そこは自分にとっての優良企業ではなくなってしまうのです。

大企業と中小企業に差はない?

社内政治が原因で退職することがそんなにいけないことなのでしょうか?社内政治がうまくいっていないということは、仕事をバリバリする状態ではないことが多いのではないでしょうか。確かに大きな会社で働くということは、優秀な人も多く、自分にとって勉強になることもたくさんあるのではないでしょうか。しかし、その分、社内政治やライバルとの日々の競争、部署ごとの評価や細かな規則がある社内制度などがあります。また、歴史がある企業は人間関係がギクシャクしていることも多いのです。
もちろん大企業の全てが悪いというわけではありません。先程も述べましたが、優秀な人も多いため、恵まれた環境で仕事をすることが出来るかもしれないのです。しかし、優秀な人は大企業にしかいないのでしょうか?もちろん中堅企業や小規模な企業の中にも優秀な社員はたくさんいます。逆に中堅企業や小規模な企業に社内政治はないのでしょうか?どんな会社にも社内政治は存在する可能性があります。

どうしても社内政治が合わない場合は

しかし自分に合った社内政治だった場合、大企業であっても小規模な企業であっても働く価値はあるのではないでしょうか。社内風土や企業文化はそれぞれの会社に大きな影響を及ぼしています。体育会系の会社やポジティブな会社、おしとやかな会社など社風によって様々な特色を持っています。自分が入社した会社がどのような会社なのかは実際働いてみなければ分かりません。もし、社内政治が自分に合わないと思った時には思い切って転職をしてみてはいかがでしょうか。大企業だからといって嫌な思いをしながら働くよりも自分に合った職場で働いた方が効率がいい仕事が出来るのではないでしょうか。組織から出ることをためらうよりも、自分が気持よく仕事が出来るように考えてみましょう。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.