社内政治の基盤となる派閥の分類

派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

派閥とは?

ドラマなどでもよく見る会社の派閥ですが、実際会社勤めをしている人の中にも、派閥について悩んでいる人がいるのではないでしょうか。会社に入社したての頃は、自分の仕事に精一杯で、派閥の事など考えずに仕事をしていると思います。しかし、課長などといった役職がつくようになると、色々な「派閥」からのお誘いが来てしまいます。「派閥」と聞いただけで、何だか恐ろしいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、派閥は決して「悪」なわけではありません。派閥に入る事で上層部とコネクションを作ることが出来ますし、他の部署のキーパーソンとつながる事が出来るというメリットもあります。
しかし、派閥を間違ってしまうと自分の会社人生が狂ってしまうことがあります。では「派閥」を見極めるために、私たちはどう動けばいいのでしょうか。

社内の派閥を分類してみましょう

一番重要なのは、社内の派閥について調べて、よく知ることです。派閥といっても会社によって派閥状況はいくつかの種類に分かれています。もし分かりにくい場合には大きく3種類に分けておくといいかと思います。
まず一つ目は「無派閥状態」です。創業社長が独裁体制を維持している場合には派閥が抑圧されてしまいます。独裁社長にもし派閥活動がばれてしまった時には制裁が加えられるかもしれないため、表だった派閥活動は行われていませんが、水面下では派閥的な人脈が息づいていることもあります。
次に「派閥同士が健全な緊張にある状態」です。派閥間で議論を戦わせる事により、問題の解決方法を生み出す事が出来たり、派閥同士が牽制し合うことで、バランスが生まれたりと派閥のメリットが最大限に生かされる環境であるといえます。
最後に「派閥同士が排他的な関係にある状態」と「派閥同士が敵対的な関係にある状態」ですが、文字通り、派閥同士が潜在的に、また顕在的に闘争している状態にあるといえます。派閥同士がいつも敵対的な関係である場合には社員はいろいろな意味で過酷な労働状況にいるのではないでしょうか。
自分の会社が健全な派閥環境である場合には、派閥に対してもメリットがあるといえますが、派閥というものはインフォーマルな勢力争いの色彩も持っています。実際に派閥の人と付き合う時には慎重に判断をし、明確な意思をもって行動を起こさなければいけません。メリットだけでなく、デメリットの事も考えながら身の処し方を考えていきましょう。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.