社内政治にも積極的な攻撃欲の強い人

攻撃欲の強い人を見極める

攻撃欲の強い人を見極める

会社の人間関係で

会社で働いている場合、全く人間関係に悩まないという人は少ないでしょう。仕事をしていると、自分の職場だけでなく、取引先など様々な人に出会います。なかには顔を合わせるだけで嫌味を言う人やネチネチと小言ばかり言ってくる人、いつも誰かの悪口ばかり言っている人など、職場の空気を悪くするような問題児もいるでしょう。表面的に人を攻撃してくる人は分かりやすいため、なるべく顔を合わせないようにしたり、何かを言い始めてもなるべく話を聞かないようにするなど対処することもできるかもしれません。
しかし、普段親しくしている先輩や仲のいい同僚、可愛がっている後輩の中にも裏の顔を持っている人がいるかもしれませんので注意が必要です。

攻撃欲の強い人

実は、表面的に普通に接していても、第三者に気付かれぬようターゲットを攻撃している場合があります。そのような人は「攻撃欲の強い人」であり、男女関係なく存在しています。その中でも女性が攻撃する時にはパターンがあります。女性は男性に比べると「他者からのまなざし」にとても敏感といえます。他人から認めてもらう事で、自己確認や自分の幸福を感じることが出来るのです。よって、他の人と自分をいつも比べてしまいます。
そのため、他の人が自分より恵まれている場合には羨望やねたみを抱いてしまいます。表に出す事の出来ない感情のが陰湿な怒りとなってしまい攻撃力が高まる事で陰口を言ったり、目立たないように足を引っ張ったりしてしまう。それが女性の特徴です。

攻撃を回避するには

女性だけではありません。友達のような顔をしながら攻撃してくるような人は男女問わず存在します。友達だと思っている人が攻撃してきたとしたら、あなたは見抜く事が出来ますか?普段から人の悪口を言っている人や相手によって態度を変えるような人には注意が必要です。友達だと思い信用していると、突然悪者にされてしまったり、自分のアイデアを横取りされてしまう事があります。どんな事をされても「あなたのためにやっているのよ」と自分を正当化するために言葉を使うのも攻撃欲の強い人の特徴です。
いつ攻撃されてしまうか分からない為、不安になってしまう人もいるかと思いますが、攻撃されてしまう人にはある特徴があります。それは「真面目な人」です。周囲の期待にこたえるため、日々頑張る人は、攻撃されてしまう事があります。また、真面目な人程、何かあっても「逃げない」のではないでしょうか。しかし、人は早々変わるものではありません。攻撃的な人はいつまでたっても攻撃的と思っておいた方がいいでしょう。もし自分が攻撃され始めたと感じた時には「逃げる」「反対にやり返す」「記録に残し助けを求める」などの回避策をとるようにしましょう。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.