社内政治では人脈がものを言う

人脈を強化して味方を増やせ

人脈を強化して味方を増やせ

絶対必要な人脈

社会人として生き抜くため、必要な物の一つに人脈があります。どんな職業であれ、自分一人で仕事をしていくことは不可能です。小さな会社に勤めている場合でも人脈があるかないかで仕事の幅が違ってきますし、キャリアを積み、社会的な地位を高めていくために、人脈は必要不可欠なものなのです。全ての仕事は人との繋がりの上に成り立っていると言ってもいいのではないでしょうか。また、人脈の質と量によっては、社会的価値が左右されると言ってもいいでしょう。

人脈の広げ方

ではどのように人脈を広げていけばいいのかを考えてみましょう。まずは入社するにあたってコネがあった場合には、その人が最初の人脈となります。しかし、コネで入社する人は少数しかいない場合が多く、ほとんどの場合には、社内に誰も知り合いがいない状態で入社してくるのではないでしょうか。そのような人にとって、同期の存在はとても心強く、大切な存在になるのではないでしょうか。また、同期メンバーの中には将来出世する人もいるはずです。もしかしたら重役まで上り詰める人もいるかもしれません。ですから、同期入社がいる場合には、なるべく仲良くすることをおすすめします。

社内サークルや学生時代の友人

次に社内サークルがある場合には、何かに所属する事をおすすめします。社内サークルでは、他の部署の人や立場が上の人との交流をもつこともできます。趣味を通して知り合った人は、年齢や部署など関係なく、人間通しの付き合いをすることが可能です。したがって、濃い人間関係を構築することが出来るはずです。同様に学生時代の友人も大きな人脈と言えます。たとえ業種が違っても構いません。新しい仕事を始めた時に、友人が働いている業種に少しでも関係があれば、心強い人脈となってくれると思います。

あらゆるチャネルで人脈作りを

親族や親戚はどうでしょう。最近は核家族化が進み、以前のような親戚付き合いをしなくなった家庭も多くなってきました。しかし親戚の中には様々な業種で働いている人も多いかもしれません。社内で人脈を広げるためには努力が必要になってきますが、親族や親戚の場合には、それほど努力をしなくても力強い味方となってくれるはずです。
人脈を作る為にはテクニックは必要ありません。人脈作りに大切なことは、とにかく幅広い人間関係を築く事かと思います。全ての人が仕事の人脈に繋がる可能性があるからです。人脈を広げるんだという意識を持って、いろいろな人と積極的にコミュニケーションを取っていくことで、人脈はどんどん広がっていくはずです。

新入社員から身に付けたい処世術

派閥を分類せよ 派閥を分類せよ

派閥を分類せよ

社内政治の基盤的な存在として派閥があります。3人集まれば、派閥になるというくらい、派閥はポピュラーなものです。社長の影響力の大きな小規模企業以外は必ずといって派閥は存在しています。ただ、派閥だからといって、すべてが悪いわけではなく、仕事の推進上役に立つ派閥もありますので、それらを見極めることが大切です。

社内情報のやりとりに気を付ける 社内情報のやりとりに気を付ける

社内情報のやりとりに気を付ける

社内では日常的にいろいろな情報が飛び交っています。報告書や集計表のような書類であったり、メールのような電子媒体であったり、噂や口コミなどの会話であったり、形態は様々です。こういった情報も社内政治のフィルターを通過すると、歪曲されたり、あるいは流れを堰き止められたりすることがありますので、その動きに要注意です。

危険な人とチームを組むな 危険な人とチームを組むな

危険な人とチームを組むな

会社にはさまざまな人がいます。あらゆることに反対する人、逆になんでも賛成する人、その真意を読み取るのは難しいため、いっしょに仕事をするのは危険な人たちです。社内にはこういう自分と合わない人、あるいはすべての人と上手く行かない人が存在します。そういった人たちを見極め、その真意まで探れるようになればベストです。

ページトップ

社内政治を生き抜くには

About site大企業、中小企業、はたまた病院など、規模に関係なく社内の人間関係は複雑で、必ず社内政治というものが存在しています。その社内の動きに気づかなかったり、見過ごしたりすると痛い目に遭うことがあります。せっかく入社した会社なのに、職場に行くのが苦痛になるのは本末転倒です。このサイトでは自分の経験をもとに社内政治との関わり方や利用の仕方、そしてそこから脱出する方法までをまとめてみました。

Copyright (C) 2015 社内政治を生き抜くには All Rights Reserved.